マーティー・ソリューションズ株式会社

​東京都台東区浅草橋5-23-6 KAMAYAビル6F

​システム基盤自動化ソリューション

​システム基盤自動化ソリューション

システム基盤自動化とは?

当社の基盤システム自動化のソリューションでは、システム自動構築のために開発されたOSSのフレームワーク(CHEF/KNIFE/Serverspec)を使用し、OSの基本設定や製品のインストール及び設定を自動化できるソリューションとして提供しております。
当社の基盤技術者の豊富なノウハウをもとに構築フェーズや運用の効率化及びコスト削減に繋げています。または、PCIDSSに準じるシステムにも導入しており、コンプライアンス対応可能なソリューションです。

システム基盤構築の課題

近年、基盤仮想化やクラウド基盤が注目を集めている中で、構築の作業を行うには「単調な繰り返し作業」や「待ち時間が発生する作業」等が発生することがあります。このような作業は「SEのモチベーションの低下」「設定ミス」等の事象を引き起こします。当社ではそのような作業を極力ゼロにし、すべての構築を自動化にすることにより、一番大切である「要件フェーズ」「設計フェーズ」に力を注ぐという考え方のソリューションを提供しています。

システム基盤自動化ソリューションの導入効果

本ソリューションの導入によるコスト削除の他、コンプライアンス対応にも効果がでています。

PCIDSSに準じるシステムでは、サーバのログインや作業はすべて監査対象となり、監査ログとして保管を行わなければならないため、数台のサーバのログの保管できるストレージ導入や監査時に全サーバの確認等は必要なく可能になります。

システム基盤自動化ソリューションのメリット

当社のソリューションでは、以下のメリットを実現しています。プライベートクラウド/パブリッククラウドや物理サーバ、仮想サーバ等に依存せず、実装が可能です。

システム基盤自動化ソリューションの事例

400台のサーバを3日間で構築

Oracle社のExalogic製品でプライベートクラウドの構築を支援する中で、スケールアウトと再構築後の仮想サーバが直前までの状態にできない課題があり、当社のソリューションでサーバの再構築後に最新の状態の設定をすべて自動化にしました。また、当社はExalogicのvServerテンプレート機能を研究し、オートスケールにとどまらず構築の自動化のためExalogicの機能を使用したベストな構成を実現しました。

Oracle WebLogic Server 12c導入自動化

当社の基盤システム自動化のソリューションでCHEF/KNIFE/Serverspecを使用し、製品のインストールから設定までの自動化を実現。WebLogicの知識がなくても、インストールや管理対象サーバのスケールアウトが可能となり、無制限にサーバを構築することが可能になりました。

ECサイトではピーク時のレスポンス低下が大きな課題でサーバを増やすための工程は長期にわたるため、当社のソリューションを導入することにより短時間(1台当り1時間の実績)での構築を実現できました。